おくたま地域振興財団
文字サイズ: トップページ > 観光ツアーのご案内
奥多摩森林セラピー トップページ おくたま地域振興財団 森林セラピーとは 奥多摩町の紹介 奥多摩森林セラピーの特徴 セラピーロード セラピーメニュー セラピーツアーのご案内 観光ツアーのご案内 ご予約のご案内 人・宿・食情報 メールマガジン登録 福利厚生ご担当者様 交通のご案内 リンク集
https://okutama-therapy.com/m/
携帯電話用ページ
観光ツアーのご案内
観光ツアーは奥多摩町内の観光資源を使ったツアーや送迎・昼食付の登山ツアーを企画しています。
【登山】棒ノ折(4月27日)
関東平野一望の人気の低山
平成31年4月27日(土)
【観光】峰谷いら畑ワラビ園収穫体験(5月13日)
山の恵を味わう「旬旅おくたま」
2019年5月13日(月)
【登山】百尋の滝&川苔山(5月15日)
定番コースで歩く新緑の奥多摩
2019年5月15日(水)
【温泉ハイク】霞丘陵&梅の湯(5月26日)
のんびり丘陵歩きと花しょうぶまつり
2019年5月26日(日)
【健脚登山】千本ツツジ(6月2日)
緑深まる石尾根の花の名所を訪ねる
2019年6月2日(日)
【温泉ハイク】青梅の森&かんぽの宿(6月15日)
ランチ付き♪お気軽ハイキング
2019年6月15日(土)
2019年度 登山・ハイキングツアーの日程
~今後のツアー日程をお知らせいたします~
登山装備一覧
 
 
【登山】棒ノ折(4月27日)
関東平野一望の人気の低山
実施日:平成31年4月27日(土)
参加費:6,000円(当日、現金でお支払いください)※おにぎり弁当付き
募集人数:15名(最小催行人数4名)
申込期限:平成31年4月17日(水)
『内容』
 8:40 川井駅集合・ガイダンス
 8:50 移動(送迎車)
 8:50 登山
      奥茶屋~棒ノ折 
11:20 昼食(棒ノ折山頂)
11:50 登山
      棒ノ折~黒山~名坂峠~岩茸石山~名坂峠~大丹波
15:40 移動(送迎車)
16:10 川井駅解散

↓こちらで写真付きでコースの紹介をしています。
「4/27ツアーの紹介」(おくたま地域振興財団Facebook)


※各地点の標高は、登山開始(奥茶屋)約410m、最高地点(棒ノ折)969m、下山(大丹波)約310mです。
※コースの詳細等ご不明な点、ご心配のある方は事前にご相談ください。
※お弁当と水(500ml)はガイダンス時にお渡しします。
※登山の装備でご参加ください。(ザック、トレッキングシューズ、雨具、防寒着等、詳しくは登山装備一覧をご覧ください。)装備不十分の場合、参加をご辞退いただく場合があります。
※お申込フォームの連絡事項の記入欄に、「登山経験、最近の山行歴」をご記入ください。
※ツアー中の移動は、徒歩または専用車が運行します。
※天候等によりやむを得ず内容が変更となる場合があります。
※登山はガイドがご案内します。
※ツアー代金は当日現金でお支払いください。
※お申し込みの際は「ご旅行条件書」をご一読お願いいたします。
※持ち物、その他詳細は、お申し込み後(ツアー開始日1週間前頃)に資料を送付します。
ありがとうございました。募集人数に達しました。
【観光】峰谷いら畑ワラビ園収穫体験(5月13日)
山の恵を味わう「旬旅おくたま」
実施日:2019年5月13日(月)
参加費:5,000円(当日、現金でお支払いください)
募集人数:7名(最少催行人数3名)
申込期限:2019年5月7日(火)※定員になり次第〆切り
『内容』
 9:40 奥多摩駅集合・ガイダンス
 9:50 移動(送迎車)
11:00 ワラビ収穫体験
12:00 移動(送迎車)
12:30 そば打ち体験・昼食(山のふるさと村)
14:00 わらびあく抜き
14:40 アンケート・移動(送迎車)
15:30 奥多摩駅解散

収穫したワラビは、あく抜き処理後、ご参加の皆様で分けてお持ち帰りいただけます。
ワラビ園として管理されていますが、自然の斜面を利用した場所なので、ワラビの発生は気候等に左右されます。
収穫できる量の保証はできませんので、予めご了承ください。
あまりにも収穫量が見込めない場合は、事前にツアー中止とさせていただきます。
※中止の場合は、前日までにお申込みの皆様にお知らせいたします。


当ツアーはワラビ園の管理者の許可のもと実施いたします。
奥多摩町は全域が国立公園に指定されております。
また、私有地の山林もありますので、山の中でのむやみな山菜の採取はご遠慮ください。


※天候等によりやむを得ず内容が変更となる場合があります。雨天の場合、ヨガは室内または屋根のある場所で行います。
※お申し込みの際は「ご旅行条件書」をご一読お願いいたします。
※持ち物、その他詳細は、お申し込み後(申込期限後)に資料を送付します。
【登山】百尋の滝&川苔山(5月15日)
定番コースで歩く新緑の奥多摩
実施日:2019年5月15日(水)
参加費:6,000円(当日、現金でお支払いください)※おにぎり弁当付き
募集人数:14名(最小催行人員4名)
申込期限:2019年5月5日(日)※定員になり次第〆切り
『内容』
 8:10 奥多摩駅集合・ガイダンス
 8:20 移動(送迎車)
 9:00 登山
      細倉橋~百尋の滝~川苔山 
12:40 昼食(川苔山山頂)
13:10 登山
      川苔山~舟井戸~大根ノ山の神~鳩ノ巣駅
16:10 アンケート
16:20 鳩ノ巣駅解散

※各地点の標高は、登山開始(細倉橋)約660m、最高地点(川苔山)1,363m、下山(鳩ノ巣駅)約320mです。
※コースの詳細等ご不明な点、ご心配のある方は事前にご相談ください。
※お弁当と水(500ml)はガイダンス時にお渡しします。
※登山の装備でご参加ください。(ザック、トレッキングシューズ、雨具、防寒着等、詳しくは登山装備一覧をご覧ください。)装備不十分の場合、参加をご辞退いただく場合があります。
※お申込フォームの連絡事項の記入欄に、「登山経験、最近の山行歴」をご記入ください。
※ツアー中の移動は、徒歩または専用車が運行します。
※天候等によりやむを得ず内容が変更となる場合があります。
※登山はガイドがご案内します。
※ツアー代金は当日現金でお支払いください。
※お申し込みの際は「ご旅行条件書」をご一読お願いいたします。
※持ち物、その他詳細は、お申し込み後(ツアー開始日1週間前頃)に資料を送付します。
ありがとうございました。募集人数に達しました。
【温泉ハイク】霞丘陵&梅の湯(5月26日)
のんびり丘陵歩きと花しょうぶまつり
実施日:2019年5月26日(日)
参加費:6,000円(当日、現金でお支払いください)※おにぎり弁当、温泉入浴料含む
募集人数:14名(最小催行人員5名)
申込期限:2019年5月16日(木)※定員になり次第〆切り
『内容』
10:00 東青梅駅集合・ガイダンス   
10:10 移動(送迎車)
10:30 ガイドウォーク
      岩倉温泉~霞丘陵ハイキングコース
12:10 昼食
12:40 ガイドウォーク
      霞丘陵ハイキングコース~塩船観音~吹上しょうぶ公園
14:30 花しょうぶまつり見学(吹上しょうぶ公園)
      ※自由散策
15:10 アンケート・移動(送迎車)
15:30 温泉入浴(梅の湯)
      自由解散

↓こちらで写真付きでコースの紹介をしています。
「5/26ツアーの紹介」(おくたま地域振興財団Facebook)


※温泉に入浴しますので、タオル、着替え等の入浴に必要な物をご持参ください。ツアー中、温泉の荷物は送迎車の車内に置いておくことができます。
※お弁当と水(500ml)はガイダンス時にお渡しします。お弁当はやや嵩張りますので、リュックに余裕をもたせてお越しください。
※登山の装備でご参加ください。(ザック、トレッキングシューズ、雨具、防寒着等、詳しくは登山装備一覧をご覧ください。)装備不十分の場合、参加をご辞退いただく場合があります。
※お申込フォームの連絡事項の記入欄に、「登山経験、最近の山行歴」をご記入ください。
※ツアー中の移動は、徒歩または専用車が運行します。
※天候等によりやむを得ず内容が変更となる場合があります。
※ツアー代金は当日現金でお支払いください。
※お申し込みの際は「ご旅行条件書」をご一読お願いいたします。
※持ち物、その他詳細は、お申し込み後(ツアー開始日1週間前頃)に資料を送付します。
【健脚登山】千本ツツジ(6月2日)
緑深まる石尾根の花の名所を訪ねる
実施日:2019年6月2日(日)
参加費:6,000円(当日、現金でお支払いください)※おにぎり弁当付き
募集人数:10名(最小催行人数4名)
申込期限:2019年5月23日(木)※定員になり次第〆切り
『内容』
 8:15 奥多摩駅集合・ガイダンス
 8:25 移動(送迎車)
 9:10 登山
      峰(林道ゲート)~赤指尾根~千本ツツジ
12:50 昼食(千本ツツジ)
13:20 登山
      石尾根~高丸山~日蔭名栗山~鷹ノ巣山避難小屋~浅間尾根~奥
15:40 アンケート・移動(送迎車)
16:40 奥多摩駅解散

※各地点の標高は、登山開始(峰)約970m、最高地点(高丸山)1,733m、下山(奥)約930mです。
※お弁当と水(500ml)はガイダンス時にお渡しします。
※登山の装備でご参加ください。(ザック、トレッキングシューズ、雨具、防寒着等、詳しくは登山装備一覧をご覧ください。)装備不十分の場合、参加をご辞退いただく場合があります。
※お申込フォームの連絡事項の記入欄に、「登山経験、最近の山行歴」をご記入ください。
※ツアー中の移動は、徒歩または専用車が運行します。
※天候等によりやむを得ず内容が変更となる場合があります。
※ツアー代金は当日現金でお支払いください。
※お申し込みの際は「ご旅行条件書」をご一読お願いいたします。
※持ち物、その他詳細は、お申し込み後(ツアー開始日1週間前頃)に資料を送付します。
 残り5名です。
【温泉ハイク】青梅の森&かんぽの宿(6月15日)
ランチ付き♪お気軽ハイキング
実施日:2019年6月15日(土)
参加費:6,000円(当日、現金でお支払いください)※昼食、温泉入浴料含む
募集人数:14名(最小催行人員5名)
申込期限:2019年6月5日(水)
『内容』
10:00 青梅駅集合・ガイダンス
10:10 ガイドウォーク
      青梅駅~昭和レトロ商店街~永山公園~青梅の森
12:40 移動(送迎車)
13:00 昼食
      かんぽの宿青梅 日帰り宴会プラン「なでしこ」
14:00 温泉入浴
15:30 アンケート・移動(送迎車)
15:50 青梅駅解散

↓こちらで写真付きでコースの紹介をしています。
「6/15ツアーの紹介」(おくたま地域振興財団Facebook)


※温泉に入浴しますので、タオル、着替え等の入浴に必要な物をご持参ください。ツアー中、温泉の荷物は送迎車の車内に置いておくことができます。
※登山の装備でご参加ください。(ザック、トレッキングシューズ、雨具、防寒着等、詳しくは登山装備一覧をご覧ください。)装備不十分の場合、参加をご辞退いただく場合があります。
※お申込フォームの連絡事項の記入欄に、「登山経験、最近の山行歴」をご記入ください。
※ツアー中の移動は、徒歩または専用車が運行します。
※天候等によりやむを得ず内容が変更となる場合があります。
※ツアー代金は当日現金でお支払いください。
※お申し込みの際は「ご旅行条件書」をご一読お願いいたします。
※持ち物、その他詳細は、お申し込み後(ツアー開始日1週間前頃)に資料を送付します。
2019年度 登山・ハイキングツアーの日程
~今後のツアー日程をお知らせいたします~
2019年
 4月13日(土)温泉ハイク  三ツ子山&小菅の湯 
 4月27日(土)登山     棒ノ折 
 5月15日(水)登山     百尋の滝&川苔山
 5月26日(日)温泉ハイク  霞丘陵&梅の湯
 6月 2日(日)健脚登山   千本ツツジ
 6月15日(土)温泉ハイク  青梅の森&かんぽの宿
 7月 3日(水)登山     南沢あじさい山&日の出山
 7月24日(水)トレッキング 三窪高原&水源林ブナのみち
 8月28日(水)トレッキング 御岳山ロックガーデン
 9月 8日(日)トレッキング 獅子口湧水 
 9月29日(日)健脚登山   鋸尾根から登る「大岳山」
10月12日(土)健脚登山   大ブナ尾根から登る「御前山」 
10月25日(金)健脚登山   ヌカザス尾根から登る「三頭山」 
11月 4日(祝)トレッキング 牛ノ寝通り
11月13日(水)温泉ハイク  鳥居観音(名栗)&さわらびの湯
12月 7日(土)登山     鷹ノ巣山
2020年
 1月11日(土)温泉ハイク  御岳山初詣&つるつる温泉
 2月15日(土)温泉ハイク  城山(戸倉城跡)&瀬音の湯
 3月 7日(土)トレッキング 梅の公園

※ツアー内容、場所は変更になる場合がございます。
 
登山装備一覧

○トレッキングシューズ登山靴
足首を覆うハイカットで防水のもの。靴底のしっかりした、革製やゴアテックス素材のタイプです。足首の出ているものやスニーカー、運動靴は登山には不向きです。購入にあたっては専門店のアドバイスを受け、新品でのご参加は避けて下さい。

○登山用靴下
化繊やウール素材のもので足裏が肉厚のものが快適です。

○シャツ・ズボン・下着
綿製のものは乾きづらく寒い時期には冷えて体温を奪うため、吸汗速乾性の化繊タイプのものを選びましょう。ズボンはストレッチ素材のものがおすすめです。登山時は怪我や日焼け、虫刺され防止のため長袖・長ズボンの着用をお勧めします。

○帽子
日よけ用につばのあるもの、気温が低い場合は耳まで覆う防寒用ニットキャップをお勧めします。

○手ぶくろ
主に防寒用、けが防止のため。とくに春や秋の雨天時用に防水仕様の薄手のものがあると手のかじかみを防げます。替えの手ぶくろを持つのもおすすめです。軍手はお勧めできません。

○防寒着
薄手のフリースやダウンなど。携帯時にコンパクトになるタイプがおすすめです。気温が低い場合はこの上にゴアテックスなどのアウター(レインウエアなど)を重ね着して調整しましょう。運動量や気温、天候により状況はすぐに変わっていきますのでレイヤリング(重ね着)は装備の基本です。

○レインウエア
素材はゴアテックスなどの防水透湿性のもので上下別れたセパレートタイプ。防寒・防風にも役立ちます。ビニール素材のレインコートは蒸れてしまうのと、上だけのものは足元が濡れるため不向きです。また丈が長い物は踏みつけて転倒の可能性もあります。

○折りたたみ傘
状況によっては使用できます。手がふさがってしまうため道の悪い場所および狭い場所、強風時の使用は不可です。傘だけでは不十分ですので必ずレインウェアを携行してください。

○ヘッドランプ
非常用として必ず携行してください。ご参加前には必ず電池の確認をお願いいたします。

○水筒(水)
容量は歩行時間や気温、個人差もありますが1ℓは必ず持ちましょう。(こちらで「奥多摩天然水」500mlを1本ご用意しています。) またスポーツドリンクなど塩分の補給もお忘れなく。

○登山用ザック
20リットル~30リットルのもの。雨天時用にザックカバーがあると便利です。着替えや濡らしたくないものはチャック付のビニールなどを利用するといいでしょう。余分な荷物は省き、全体的に重くなりすぎないよう注意しましょう。

○トイレットペーパー(水溶性)
登山時のトイレは極力トイレがある所でお済ませ頂きますようお願いします。屋外でのトイレ時は紙は必ずお持ち帰りください。また単独行動は避け、必ずスタッフに断ってから行動をお願いします。

○地図
当該地域の地形図や登山地図をお持ちください。山行前に必ずルートの確認をお願いいたします。読図の練習にもなり、今後の山行に必ず役に立ちます。また、プレート式のオイルコンパスもお勧めします。

○行動食
チョコレート、あめ、羊羹、ビスケット、ドライフルーツ、ナッツ等、栄養価が高く食べやすいもの。軽く、かさばらない事も重要です。

○健康保険証
万が一の事故に備え必ず携行してください。

○スパッツ(ゲーター)
雨天時の防水や露が降りた草地の歩行時、ズボンのすそ汚れの防止に役立ちます。また、積雪時にも登山靴内への雪の侵入も防ぎます。

○登山用ポール(ストック)
ご希望の方には当日貸出し用(1人1本)のご用意があります。使い慣れたものがあればお持ちください。歩行時のバランスとりの補助に使用できます。

○その他
個人用医薬品、日焼け止め、筆記用具、サングラス等、

○積雪時
基本的には降雪時の登山は催行しません。残雪がある場合は軽アイゼン等をお持ちいただく場合があります。別途ご案内いたします。
 
森林セラピー
 
連絡先:一般財団法人おくたま地域振興財団
〒198-0212
東京都西多摩郡奥多摩町氷川215番地6
奥多摩町役場 地下2階フロア
Tel.0428-83-8855 Fax.0428-83-8856
ページの先頭へ